幻想郷の文化

■月 ●日 No5362 幻想郷の現地食物が食えなくなって久しいわけですがいかがお過ごしでしょうか。 現地食べ物が食べられなくなったのは、月面戦争終了直後です。 ええ、月面人の食べ物を食べるインシデントが発生しまして、腸内洗浄とか 色々あったんです。月…

■月 ●日 No5333 幻想郷は皆が思っている以上に過酷なところです。 一歩間違えるとすぐに食料不足に陥り、食料保管もきちんとやらないと というか賞味期限がないので食べ物についても自分の身は自分で守るしか ありませんね。食べる前にはきちんと匂いを嗅い…

■月 ●日 No5314 いくら幻想郷が高地で、比較的気温が低いといっても、 このところの35度前後の猛暑はかなりこたえます。 妖怪の中には外観を変化させることが困難なため、速攻地下やら 涼しい場所に逃げ込みます。というか炎天下の外で活動できるのが ほぼ…

■月 ●日 No5269 変なもんを食ったらあの世に逝ける幻想郷ですが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 社内で事故があって以来、幻想郷現地の食事は事実上禁止となりました。 まあほかにも色々ありまして、有毒だったり、とんでもないものを 食わされたりと色々…

■月 ●日 No5200 つかみんな勘違いしているんだが、うちが運んでいる物資の類は ほぼほぼ原材料または一次加工品の類である。 幻想郷で入手が困難な鉱物資源、食料資源の補完が目的だ。 ここで重要なことはあくまで補完であるということ。第一顕界だって色々…

■月 ●日 No5154 幻想郷の食い物に賞味期限はない。昔だったら匂いを嗅いで 安全をある程度確かめて食っていたが、現在ではそんなことをやったら 労働安全衛生上のインシデントになっちまう。 特に博麗の巫女の悪食はやばい。本当に食えればいいのかって 感じ…

■月 ●日 No5148 私が入社した時と、現代で大きく違うのが我々の食生活であることは 再三書いてきた。かつては幻想郷内部の食べ物をメインに食べていた。 つまり現地化である。彼らの生活に溶け込んで活動することが求められていた。 ところが現在では幾つか…

■月 ●日 No5145 最近鬼が人気なんでしょって言われてコメントに困っているのですが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? ここに情報が来ている時点で んがんぐな話なんですが、どちらかと言うと鬼絶対コロスマンな話ですよね。 あの案件。って話になりましてな…

■月 ●日 No5144 幻想郷と顕界の一番大きな違いは何でしょうか? 私は日曜が休日ではないってところを推します。 実は幻想郷と顕界が分離したタイミングで日曜日が休日になった関係で そうなったのです。つまり村ごとに休みのタイミングが違うのです。 ここで…

■月 ●日 No5124 幻想郷に持っていきたい最強食材の一角がカレールーである。 材料は現地調達で、とりあえずあそこでゲットできる食い物で カレーを食っていきたい。 幻想郷生活が長くなると、マジで顕界の食い物が恋しくなるが とりあえずカレールーがあれば…

■月 ●日 No5112 機嫌と言うリソース 風見女史と言えば幻想郷ではかなりやばい奴の筆頭である。 彼女は月面の戦争には直接参加しなかったというか、 直接は参加しなかったというのが正しいかもしれない。 そんな彼女だが幻想郷にやってきた理由を知る者は 意…

■月 ●日 No5028 異変というのはなにも幻想郷内部だけで発生する事象ではありません。 顕界でも異変は普通に発生しますし、顕界にも巫女が妖怪を 退治するのはあまり変わりがありません。 普通の町中を巫女が走り回る風景はただのコスプレ女の移動に見えます…

■月 ●日 No5027 地獄って、倫理的に不味いことになる時の歯止めになると思うのです。 それは死後の世界が全く分からないこと、地獄が一体どんな世界か わからないことは人が倫理観を超える妨げとなります。 しかしながら八雲商事社員は死後がどんな世界かを…

■月 ●日 No5016 八雲商事は基本ブラックであるがこれでも最近はかなり優しくなってきたといえる。 親方日の丸が怖いから、きちんと休みはとるしかないのだが、幻想郷現地で 休みを取るのがかなり不便になって困る。 前だったら街を散策して飯とか食って帰る…

■月 ●日 No5014 顕界ではハイスピードでよくなっているが、幻想郷では変わらないものの 筆頭がトイレである。 はっきり言いますが顕界と幻想郷で快適性に極端な差があり、特に若い年代では 幻想郷でトイレに入ることは男性の立小便以外不可能だと言えるでし…

■月 ●日 No4978 八雲商事社員には緊急用食料を常に携帯するようになっておりますが こいつの取り扱いには変遷があり、過去と現代ではまるで違うものです。 昔は食料を仮設テントの中に入れても問題ないとされていましたが、 今では仮想スペルカードを利用し…

■月 ●日 No4961 幻想郷のうまみと顕界のうまみは明らかに違います。 科学技術の発展により、もうぶっちゃけ顕界と幻想郷の農作物の 味の左はほぼありません。さらに言えば糖度などにおいては 顕界のほうがずっと上になっております。これは農薬散布しないで …

■月 ●日 No4944 異世界召喚や異世界転生が流行している今日この頃ですが、 正直なところ、異世界転生よりも異世界召喚のほうがまだ 可能性はあるよねと思うこの頃です。 なんでそんな話をしたかって。そりゃね、私も何回か経験があるからだよ。 異世界召喚と…

■月 ●日 No4938 割とマジな話月面との取引はかなりシビアになることが多い。 特に食料関連とかは、気を付けないとかなり面倒になってしまう。 月面から持ち出せるものでは食料とか生き物はもってのほかである。 こんなもん持っていったら確実に生物災害待っ…

■月 ●日 No4932 吸血鬼は割と、顕界では普通に仕事をしていて普通に社会的 地位を確保している存在と言えます。妙に能力を高く見積もられていますが 実態としては血液も摂取する普通の人です。 かれらは概ね日を避けるためマスク着用、日焼け止め塗りまくり…

■月 ●日 No4913 幻想郷でよく言われるのが、なんで暴動が起こらないのかって話ですが ぶっちゃけ暴動が起きても、妖怪が起こせば博麗の巫女やうちの荒事担当が 黙っていないし下手すりゃ月面人まで乱入してカオスになるわ、最後は地獄の 連中が入り込むわで…

■月 ●日 No4908 幻想郷で、とにかく覚えておきたいスペルカードと言えば修理系です。 とにもかくにも修理ができることが重要です。 工具などが十分そろうわけでないので修理ができるカードは 幻想郷にわたっても八雲商事社員として活動するためには 必須条件…

■月 ●日 No4904 幻想郷の朝は、日が昇ればスタートですので、 とんでもなく早いのは定説です。 夜はその分早いです。照明があっても遅くまでどんちゃんというのは 本当のところあまりないのです。顕界でいうところの10時くらいでお開き。 丑三つ時は本当に…

■月 ●日 No4890 じっさいめんどい 幻想郷にちょくちょく資材や食料などが運ばれていますが うちの社屋には実は一年に一回とかの割合でしか食料が届きません。 しかも現地調達は×部屋内で行う家庭菜園ならOKという代物となっております。 これは顕界の食材を…

■月 ●日 No4886 幻想郷に豆炭を入れようとすると、ちょっと文化的壁があることが 問題になりまして、まあ豆炭って一応幻想郷で材料を自給できるのですが 米帝の文化ってのが問題視されてます。ただ安定火力を得るってことなら 必須アイテムであるので、でき…

■月 ●日 No4884 幻想郷で冷凍食品を持ち出す場合、どうやっても温めがネックになります。 安定した火力が出せないんですね。ご飯を炊くには安定した火力が重要ですが あれは主婦たちの技術力で成り立っているわけです。それだけご飯を炊くのは 大仕事となり…

■月 ●日 No4872 娯楽の基準 妖怪はギャンブルをやりませんというか やれません。多くの場合出禁です。 そりゃそうですわ、存在自体がイカサマ、ゴト行為ノミ行為なんでも ござれっていうのが妖怪変化です。トランプをつかってもカードを 偽造するのは当たり…

■月 ●日 No4861 幻想郷に物資を届けるにあたり、サプライチェーンが破壊されると かなり色々厳しくなります。もっとも輸送周りは大半船であり 実はなんとかなっております。現状でも問題発生は空路であり 海路は比較的マシです。むしろ怖いのは、 幻想郷に難…

■月 ●日 No4860 幻想郷に絶対安全な場所はないのかと問い合わせを いただくこと多数でありまして、疫病や紛争の類など 色々リスクがあるわけですよね。顕界も幻想郷も。 その点、幻想郷には絶対的安全な地域ってのがあります。 それが中有の道です。 えっ、…

■月 ●日 No4844 幻想郷の住民が顕界に行きますとまずびっくりするのが 食べ物の種類の多さだといいます。確かに圧倒的な 食料保存は季節に関係なく食べ物を食べることが出来るわけで それは驚きの連続だというわけです。この結果、七草に頼らずに ビタミンを…