幻想郷の出来事

■月 ●日 No5205 幻想郷で建築物を作る場合の制約の話。 八雲商事の社屋は法令上大使館と同じ扱いであり、建築時は顕界の法律に 縛られます。つまり確認申請なども必要であり、特殊訓練をした検査員が 中間検査や完了検査をしているのですね。 まあやっている…

■月 ●日 No5197 霊能局の連中さ、なんで幻想郷で活動しないんだって聞いたら あんなクソ不便なところ好き好んでいくかって言われました。 どうみても未開の地にちかく、まともな電力もないし、 食うもんも制約があるって言われたらそりゃ行きたくないわな。 …

■月 ●日 No5191 いや私は浮幽霊でも地縛霊でもないんですがね。これだけ頻繁に中有の道を 行ったり来たりしてるとまあ周辺住民から名前も姿も覚えられるので まあ必ずあるんですよ。うちのお店を使ってくださいって宣伝活動が。 死んだ奴に宣伝するってわけ…

■月 ●日 No5190 最大の誤算は幻想郷に行ける人って思ったよりも少なかったってことでして そりゃですね、真正面から幻想郷に入るには、ゆらぎみたいな隙間をかいくぐるとか 滅茶苦茶電力使ってポータルを生成するとかそんな方法しかないし ちょっと前までは…

■月 ●日 No5171 みなさんこんばんは。他人の記憶を見るのはぶっちゃけめっちゃ苦痛です。 これさ、見たくないもんもフィルタリングできないんですよ。 お判りいただけますかね。普通の記憶だったらまだギリギリ耐えられるんですが まあ、あれですわ。 一人ま…

■月 ●日 No5164 妖怪が人間の兵器を使えないと誰が決めたんだ。 ってわけで、まあ妖怪が人間の武器を使うのを見て恐慌状態になるのは いいが、いやオマエラ歴史上思いっきり活躍した兵士とか、そっち方面の 連中はゴロゴロいたよって話。 まず言っておくと、…

■月 ●日 No5145 最近鬼が人気なんでしょって言われてコメントに困っているのですが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? ここに情報が来ている時点で んがんぐな話なんですが、どちらかと言うと鬼絶対コロスマンな話ですよね。 あの案件。って話になりましてな…

■月 ●日 No5120 年始が明けて、こちらは冬休みとなっております。 八雲商事を開けるわけにはいかないのでこうしてローテで休みを 取るのですが、今年は大体の人が顕界に戻らず幻想郷内で休みを 満喫するらしいです。寝正月にせよ、出かけるにしろ絶賛異変発…

■月 ●日 No5119 論理保存ストレージは言っちまえば月面から持ち帰った テクノロジのひとつである。 クロークカードも論理保存ストレージの一つだが、こいつには重大な弱点が 存在する。それはくっそ燃費が悪いことだ。 それでも導入しようという話になったの…

■月 ●日 No5118 現在八雲商事では風見女史など、生産系をつかさどる妖怪変化,カミたちが 集結して、今年度の運営会議を行っている。物資輸送が滞ることも考慮し 本年度は、備蓄比率を向上させることで決定、一部備蓄については 論理保存を行い、八雲商事の…

■月 ●日 No5117 新年三が日だが仕事であるが、幻想郷では初詣は普通に可能なので産廃 もとい参拝。 賽銭狙いのクソ巫女ども、おめえらヒトとしてどうなんだって言いたくなる 必死な賽銭徴収システムに草すら生えぬ。 てかSDGsはどこへ行った。こんな調子では…

■月 ●日 No5104 ドカ雪対策に妖怪とかは必要なのかって話ですが 大体の妖怪は寒波はコントロールできても雪はコントロール困難であることは 意外と知られていない事実です。つまり雪女とかはは 実は雨と風と寒波の三系統をコントロールしてるわけですが ここ…

■月 ●日 No5103 廃棄 幻想郷は現在豪雪で大ピンチです。いざとなったら自衛軍でも呼びたい気持ちですが 問題は呼ぶ先が我々であるってことです。なので、こちとら総出で雪かきですが そこは八雲商事の栄えあるスタッフたち、効率は最大値になっております。 …

■月 ●日 No5099 まあ結局ですね、この体中に観測機器を付けた片道切符の人だけど とりあえず気絶させて観測機器破壊、そこから治療の流れに 持っていきたいのだけど、薬屋に持っていっても、というか薬屋を 直接送り込むのも困難なので、月面制圧用のヴィヴ…

■月 ●日 No5098 最近ゴミ処理が増えていやになってくる。 ここでいうゴミとは、顕界の人間がここに侵入して変なもんを置いて 逃げていくパターン。だいたいは観測機器だが、もう面倒なので 速攻破壊している。無能GPSは即退場よ。 ゴミと言えばどう見てもア…

■月 ●日 No5089 幻想郷に毎度入ってきて困っているのが謎の健康食品です。 なんとか水とかあーいう疑似科学ってやつですね。 幻想郷なら謂れが大切だから効果があると思いきやあれは やっぱりマルチネットワークがあってこその謂れであり こいつが単品で幻想…

■月 ●日 No5078 幻想郷内部に所謂自分の持ち家を作っている人は結構おります。 民家に偽装しておくとたまに変な人間やら妖怪が勝手に住み着いて それはそれで問題です。かといって罠だらけにするとかなり危ないので 定期的に帰宅して様子を見る必要がありま…

■月 ●日 No5075 幻想郷の住民たちも冬支度のタイミングであり 各地で準備に余念がありません。準備を怠ると資材系の供給ひっ迫などが 発生しますのでここでしっかりやっておくのが重要。 融雪施設の動作確認も同時に行っており、戦車の類も冬装備になってい…

■月 ●日 No5072 幻想郷住民の死因は多くの場合脳溢血や、高血圧症などでありまして まあ、豪雪地域で食料を確保するために塩漬けが多いせいです。 どんだけうちの会社が塩を送っているんだって話なんですが ここ最近は塩を送りすぎて、そいつを畑にまきすぎ…

■月 ●日 No5061 たまにめんどくさい案件があるのですが、今回の案件は 学校のクラス丸ごと幻想郷に入りました案件。 子供だからマジで制御不能だし、たぶん途中でトイレでもめる。 子供たちはキャンプ装備をしているものの一晩しか対応できない 装備しかして…

■月 ●日 No5059 幻想郷で花火をあげるのはかなり注意が必要だ。 何せ飛行できる妖怪たちが結構近くにやってきてしまう。 風向きによっては被弾の可能性もある。 「だからてめえらそっち近寄るんじゃねえ」 拡声器使って怒鳴りましたが、あいつらどこ吹く風で…

■月 ●日 No5050 裏の仕事 最近死者との会話が日課になっているチーフです。 まあ死者といっても死者という種族ですよねこれは。 そんな彼ですが生前、心霊現象を暴くことに生涯をささげた人と 死後にお話しすることになりました。 まあ、顕界で活動している…

■月 ●日 No5030 「まさかお前が死神だったのか?」 開口一番、妖怪相手に色々やってる探偵のおっさんに言われたのがこいつだ。 「実は死神代行なんです」 「なんだそりゃ、どこかの漫画か?」 「まあそんなところです。」 彼は、八雲商事に敵対するとある会…

■月 ●日 No5022 阿礼乙女から言われた衝撃の一言。 「あなた私より死んだ回数が多いんだけど何も思わないの?」 「さいですか?」 まあ実際その通りなのである。 というか私にとって死後の世界も地域出張並みの軽さである。 ある意味共産圏の命より安い。こ…

■月 ●日 No5017 幻想郷妖怪の山麓で山火事が発生、妖怪や動物などの避難が 発生するとともに対応にかかります。 なんか、燃えているところに見たことのないポータルが発見されましたが 私は何も見ていなかった。いいね。 さて、原因ですが顕界と同じです。こ…

■月 ●日 No5008 幻想郷に入り込む顕界の連中をどうやって排除するのかって問題は かなり厄介になっており近々隙間妖怪も結界の位相パラメータを 変更しようって話になってるくらいで、各国のお偉いさんまで巻き込んだ 騒ぎとなっております。 なにせ、幻想郷…

■月 ●日 No5007 顕界の人間が期せずして幻想郷に来た場合おもにメンタル面で 色々面倒なんですが、とりあえず面倒なので死後の世界ってことにして、 死後の世界でも腹が減ることに突っ込まれたら、お前らの思っている死後の世界は フェイクなんだよってこと…

■月 ●日 No5006 幻想郷に来ちゃ困る奴筆頭ってのは人間よりも寧ろ乗り物の類である。 しかも大体事故一歩手前の状況でやってくる。さらにクソ案件が 今出現している巨大で轟音をまき散らす、飛行機である。 戦闘機ではない、旅客機である。しかもだいたいト…

■月 ●日 No5005 あえて言おう 芋は偉大だと。 実際幻想郷みたいな万年耕地不足、段々畑前提の食糧事情を考えれば やせた土地でも育つ作物はとても重要である。その意味で大豆なども 幻想郷では多く投入している。大豆を使った発酵食品というと 塩を大量消費…

■月 ●日 No5000 その場所は見慣れた光景だった。 殆ど人が入っていないと思われる森の中。あるのは獣道とばかりである。 普通の人なら迷子になるであろうその場所だが、幸い、8度目の侵入の中で だいぶ慣れてきた。 余裕をかましているのは背中に付属してい…